更新日時 2016/07/06

みなさんはじめまして! お金ソムリエのサイト管理人です!

私はこのサイトをできるだけお金の心配をしないで輝かしい人生を送るために役立つノウハウを多くの人達に知ってもらいたい! そういった思いで運営しています。

当サイトの内容は、お金の運用方法だけではなく、働き方・稼ぎ方や、持ち家か賃貸か、といった居住選択、年金の将来、さらに銀行の使い方など豊富です。 当サイトを見ることで、一生困らないくらいお金に強くなると思ってます!

マネーコンテンツ 生活編

 無料相談に近づくな!

無料相談に近づいてはならない理由・・・それは無料相談はセールスを受ける場所だからです。   続きを見る

 ガン保険は損!?

ガン保険を含めて民間生保の医療保険は不要!? そこらへんの話をしています。   続きを見る

 生命保険は原則加入しなくて良い

日本人は生命保険好きで他の先進国と比べると約3倍の保険料を支払っています。  続きを見る

マネーコンテンツ 年金編

 公的年金は大丈夫なのか?

これから公的年金は縮小していきます。 楽観視は危険ですが、完全に破たんしてゼロになってしまう事はなさそうです。  続きを見る

 確定拠出年金をうまく利用する

確定拠出年金は利用しないと損する制度です。   続きを見る

マネーコンテンツ 運用編

 節約・節税には限界がある
節約方法ばかりに注力して運用とかを始めから度外視されている方がいます。
しかし、節約には限界があります。 煙草をやめる、お酒をやめる、ランチはお弁当。 その他に削れるモノがありますか?

また、最も節税に詳しい税理士さんにお金持ちが少ない現実を見るとやはり節税だけではお金持ちにはなれないことがすぐにわかると思います。

 運用の前に貯蓄のクセを

運用の前にタネ銭を作ることが先決です   続きを見る

 運用商品のバランスファンドは割高です

別々に買うよりも手数料が高くなる傾向があります。   続きを見る

 単利と複利の違いとは

借金を避けるべき2つ目の元本利息ともに複利で増えていくことがもたらす意外なスピードでの借金の拡大です   続きを見る

マネーコンテンツ カーライフ編

クルマを持つと持たないでは、本体車両価格と維持費に掛かる費用に大幅な違いがでてきます。

乗らないという究極の選択を取るとゼロになりますが・・・

クルマに乗るという選択を取った場合どれくらいの費用が掛かるのかを計算しました。

□ 駐車場代
まず維持費の中で最も大きいのが駐車場代でしょう。 23歳に車を購入したと仮定して70歳まで47年間乗ったとすると47×12ヶ月=564ヶ月です。 1ヶ月10,000円としても 総額564万円です。 都心だと1ヶ月15000円とすると、846万円になります。

□ 車両本体購入費
あとは、クルマ車両本体代です。 250万円のクルマを10年間乗ると計算すると、生涯で5台乗り換えることになります。 (10年間乗るとほぼ下取り査定はゼロになるので計算しません。) 1台 250万円×5台=1250万円

□ 燃料費
あとは、燃料費です。 1年1万キロ乗るとしましょう。燃費は10キロ/Lとします。 1万キロ×47年間=47万キロ 消費するガソリン量は、470,000キロ/10=47,000L 47,000L×130円=611万円

その他にも、エンジンオイル交換、タイヤ交換、車検費用など、恐ろしいほとのコストがかかりますが、上記の3つの費用だけでも2425万円になりますので、総額でいうと3000万円近くかかるということになり、家が一軒建つという計算に!

よって、せめて車両本体だけは、安く購入したいものですね。次のページで新車を安く購入する方法をご紹介しています。

最新の例では日産から出ているEV車はかなり燃料代が浮きます。

Copyright (C) 2015  お金のルール   All Rights Reserved.