お風呂の掃除手順について

まずはお風呂から掃除を始めましょう。お風呂場は一日の疲れを取る場所でもあり、体や髪の毛をきれいに洗う場所でもあります。そのため汚れがたまりやすいのは当然かもしれません。まず、お風呂掃除の手順を確認しましょう。まず天井や壁に水か温水であらかじめ濡らしましょう。そして、柔らめのブラシ(洗車ブラシがあればベストです!)又はスポンジに洗剤をつけて天井から壁の順番で洗浄していきます。その後に軽く古いタオルで拭きあげてください。次に照明カバーを取り外して、柔らかいスポンジに少量の洗剤をつけて洗います。洗ったら風通しの良い場所において自然乾燥させましょう。すぐに拭くと拭きムラが残ってしまうので注意が必要です。

ガラスサッシの洗い方
そして、浴槽を洗いにはいります。湯垢のヒドイ場合は、水打ちしてから柔らかいスポンジに酸性のバスクリーナーをつけて洗うと湯垢が溶けていきます。その後は、よく水洗いしておきましょう。それでも、取れない場合は、研磨剤入り洗剤をスポンジにつけて洗いましょう。浴槽の角などは、スポンジでは、洗いにくいですよね。そう言う場合は、ゴム手袋に直接洗剤をつけて洗うと角や丸みの部分は、洗いやすくなります。汚れの軽い場合は、中性や弱アルカリ性のバスクリーナーで洗えば十分です。 最後に床です。床材には、タイル・プラスチックに似たFRP・石材など多種の材質が使われています。良く水アカが付着していますが、これがなかなか取れないですね。この頑固な汚れには硬く毛先の短いナイロンブラシを使うとよいです。柔らかいブラシだと毛が折れて役に立たないからです。硬めのブラシだとシッカリ水アカを削り取ってくれます。 そして最後に蛇口やシャワーを綺麗にします。金属部分は、石鹸カスや水垢がつき易く曇っている場合が多いです。ここをきれいにすることで、お風呂場全体がきれいになったようにさえ思えてきます。スチールタワシで洗うと付着している汚れが取れます。仕上は、乾いたタオルや布で天井から拭き直していきます。

これは湿気対策になるのです。

また、雑学としての知識ですが、加湿器のボトルはきちんと洗いましょう。 洗わないとカビがものすごいスピードで生えてきます。

Copyright (C) 2009 . All Rights Reserved.